目にやさしい生活を始めよう

メガネとコンタクトの使い分け

メガネとコンタクトの使い分け 視力を矯正する道具としてメガネとコンタクトレンズがありますが、それぞれに特徴がありシーンごとに使い分けをすれば目の健康を守ることにも繋がります。
メガネは目の前にあるレンズを通してものを見ます。したがって、見える範囲が限られてしまいます。一方でコンタクトレンズは目に直接レンズを装着するので、より広範囲でものを見ることが出来ます。
しかし、角膜にレンズが触れることで裸眼のときよりも酸素が不足するので、目に負担がかかります。ですから1日中コンタクトレンズをつけたままでいるのは避けたいところです。
そこで使い分けの方法ですが、必要なときだけはコンタクトレンズをつけておき、そうでないときはメガネにしておくことです。広くものを見なければいけない運転中、歩きでの移動はコンタクトレンズのほうが向いています。
それに対して、家の中でくつろぎながらテレビを見たり読書をしているとき、学校での勉強などでは見るべき範囲がある一部分だけですから、メガネで十分に事足ります。そうすれば目にかかる負担も減りますから、長時間でも集中できます。
もちろん、どちらを使うにしても、一定時間ごとに休息を取ることは必要です。

メガネが向いてる人の特徴をチェックしよう

メガネが向いてる人の特徴をチェックしよう 視力を補正する道具で一般的なのはメガネとコンタクトです。どちらが向いているのかは人によって異なるので、自分に合っているかどうか考慮したうえで選ばなければなりません。
たとえば、視力が極端に悪いわけではなく、運転や授業の際だけ補正したいならメガネのほうが良いでしょう。ファッションのアイテムとして活用したい人や、顔の印象が薄いのでアクセントを加えたい人なども同様です。色や形の異なるものを用意して、日によって使い分けている人も少なくありません。
また、メガネが向いてる人として、コンタクトの装着に抵抗がある人も挙げられます。単純につける作業が苦手というだけでなく、目への負担が大きいという理由で避ける場合もあります。
目の疲れやすさには個人差があり、長時間つけていられないという人も多いです。そのため、コンタクトを主体としながらも、メガネを所有していることがよくあります。自宅ではコンタクトを外してリラックスしたいという人もぴったりです。