目にやさしい生活を始めよう

メガネとコンタクトの併用

メガネとコンタクトの併用 メガネとコンタクトレンズを併用するメリットは、多岐にわたります。
メガネは、コンタクトレンズをするのが痛い時や、目を休ませたい時に使うことが出来ます。一方コンタクトレンズは、オシャレを楽しみたい時やイメージチェンジをしたい時、顔をはっきりと見せなくてはならない時に使われることが多いです。
今は、遠近両方の物もあれば、老眼でも大丈夫な物がお互いにありますが、コンタクトは1日つけたら必ず消毒をしなければならないので、メガネとは縁が切れないものとなってきます。
また、両方を持っていることにより、災害時などの非常事態の時にとても役立ちます。コンタクトの中には、夜間つけたまま視力を治す物が存在します。
寝る前に装着して、起床時に外すという簡単な物になっているので、日中メガネをして併用するという逆パターンメリットもあります。付けたり外したりするのが面倒くさい、けれどなくてはならない、日常生活に欠かせないアイテムになります。

コンタクトと比較したメガネの利点 目を休めるために

コンタクトと比較したメガネの利点 目を休めるために 現代ではメガネよりコンタクトレンズが重視されています。確かに優秀で、ただ単に見た目がよいというだけではなく、ゴーグルなどメガネと同時利用の難しいものを着用する場面での利便性に優れていると言えるでしょう。就職活動においてもコンタクトレンズが推奨されています。
しかし、メガネにはコンタクトレンズにはない利点があります。それは付け外しが容易であること。ずっとコンタクトレンズをつけていると目が疲れないでしょうか。それは常時視覚情報が鮮明に入ってくるため、目を休めることができないからです。
また、コンタクトレンズをつけていると目が乾きますので目には確実に疲労がたまっていきます。目は繊細で替えの効かない器官ですから大切にしましょう。
現時点でコンタクトを愛用している方も、コンタクトは仕事の時などにとどめて普段はメガネでゆったりと目を休めるのがおすすめです。じんわり温めるなどして目の周りの血行をよくするのも効果的ですので、試してみてくださいね。